読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難病でも前向きに生きる応援団(旧さわやかブログ)

アニメ・ゲームや音楽から、難病支援に至るまで幅広い記事を書きます。

2000年前後のおすすめポストロック・エモロック・オルタナティブロック(邦楽インディーズ)

今日は6/9、ロックの日ということで、自分が学生の頃に聞いていた、2000年前後のオルタナティブロックをまとめてみました。入るきっかけがメロコア、パンクだったのでそのあたりも含まれます。

シングル買わない人なのでアルバム単位の紹介となります。
これでブクマ貰えなかったらマジへこむので、ブクマください。
 

1.bluebeard / bluebeard

 

Bluebeard (Remastered 2015)

Bluebeard (Remastered 2015)

 

 曲の途中で変拍子する変則的なドラム、それでいて琴線を震わせるギターとメロディー、伸びのあるヴォーカル。聞けば聞くほどに味わいが出てくるスルメ曲ばかり。

CDを購入した時点で既に解散しており(2001年に解散)、ライブに行くことが不可能と嘆いていました。
しかし2015年に期間限定で復活し、ライブに行けました(2015/9/4、代官山UNIT)。生ブルビは夢心地でした。
 
 

2.FOUR COLOR PROBLEM / HUSKING BEE

 

FOUR COLOR PROBLEM

FOUR COLOR PROBLEM

 

 ブルビにハマる前に、ロックの世界に入ったきっかけは、順を追って、「ハイスタ」「ビークル」「ハスキン」と周りの同期生に影響されて次々に聞きまくった。

その中でも一番聞いたのがこのアルバム。
ハスキンのアルバムは、1stから5thまで聞いてるけど、初期ほど英語詞・メロコアパンク寄りで、後期ほど日本語詞・オルタナティブ寄りなんですよね。3rdアルバムの本作が一番絶妙な時期で、私は基本的にツインギター好きなのですが、本作から1人増えて4人になり、ツインギターツインボーカルになるのです!
bluebeardのLIVEの対バンで初めて見たけど、40歳を超えてもあんだけ歌えるのすげーなと思った。
 


HUSKING BEE - The Sun and the Moon PV

 

3.フジファブリック / フジファブリック

 

フジファブリック

フジファブリック

 

 学生時代からビークルが好きで、CDも全部買っていて、初めて行ったライブが、JAPAN CIRCUIT -vol.19-(2004年6月12日)@SHIBUYA-AXなんですが、GO!GO!7188ビークルYO-KINGフジファブリックの4組が出演していました。

まだ初代Vo.の志村さんがご存命の頃で、ちょうど「陽炎」の発売日直前で、LIVEでも演奏されたのですが、初見で胸をぶち抜かれました。キーボードが熱い。鳥肌立った。

ビークル見に来たのに帰りにはフジファブリックのファンになっていました。

 


フジファブリック「陽炎」

 

4.The Equipment!!! / BANDWAGON

 

The Equipment!!!

The Equipment!!!

 

基本的に社会人になってからは、CDを買いまくって、年に10万円使ったことが1度だけあるのですが、その頃やっていた手法が、同じレーベルで辿って買っていくとか、同じライブハウスで演奏しているのを辿って買っていくとか、そんな感じです。

それで辿りついたのがBANDWAGON。2005/5/7@下北沢SHELTERでthe SHUWA/Journal Spy Effortと一緒にやってました。3組ともCD持ってたので、まさにキター!と思ってLIVEに参戦してきました。

これもbluebeardと同じく、ギターが良くて、スルメ曲ばかり。

 


BANDWAGON - ONE MORE WORD.

 

5.mizuiro sorairo / onsa

 

mizuiro sorairo

mizuiro sorairo

 

これも手当たり次第に渋谷タワレコで邦楽インディーズを買いまくっていたころに当たった1枚。

私の好みのドストライクで、伸びのあるハイトーンボイスと、キラキラしたリフが多用されるツインギター。下北沢ERAでよくLIVEをやっていて、2ndアルバムが出るぐらいの時に見に行きました。


onsa/fine

 

6.songs,ideas we forgot/ toe

 

Songs,Ideas We Forgot

Songs,Ideas We Forgot

 

これぞ ポストロック、インストゥルメンタル(ボーカル無し)バンド!

ボーカルが無くてここまで起伏に富んだ音が出せるかねぇと思わせる素晴らしいバンド。


[HQ] toe - leave word

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ紹介したりないですが、ブクマが付いたらもうちょっと紹介してみます。